ECサイトのCX向上を応援するメディア│MIRA-EC » 各業界におけるECサイトの傾向

各業界におけるECサイトの傾向

近年、さまざまな業界においてECサイトの市場規模が拡大している状況にあるといわれています。そこでここでは、それぞれの分野における市場の動向と、今後考えられる課題などについてまとめています。興味のある業界や分野があれば、ぜひチェックしてみてください。

家具インテリア業界のECサイト事情・業界動向

家具・インテリア業界では、近年EC市場が拡大しています。もともと配送需要が高い大型の家具やインテリアはECサイトと相性が良いことや、ECサイトは価格の確認がしやすい、コロナ禍によるライフスタイルの変化など、市場の拡大にはさまざまな背景があるといわれています。

しかし、今後は商品を単に並べているだけではECサイトによる売り上げを向上させていくのは難しいと考えられており、新たな顧客体験(CX)を提供することが非常に重要であるといえます。

化粧品業界のECサイト事情・業界動向

化粧品業界におけるEC市場は現在増加傾向ではあるものの、他の分野と比較するとEC化率はまだ低い状況となっているといえます。これは、例えばECサイトの場合は商品の魅力が伝わりにくい、Webマーケティングの難易度が高いなど、化粧品業界特有の課題があることが要因であると考えられています。

ECサイトを今後運営していくにあたってのヒントを紹介しています。

アパレル業界のECサイト事情・業界動向

アパレル業界においては、コロナ禍の外出自粛期間に実店舗での購入ができなくなったことから、急激にECサイトを利用する消費者が増えたといわれています。ただし、ECサイトの場合実際に着用した時のイメージが掴みにくいなどの理由から、まだまだ実店舗を利用したいと考える人が多いといった面もあります。

そこで、今後ECサイトの売上を向上させるためには、例えばオンライン接客やライブコマースの導入を行うなどさまざまな工夫が必要であるといえるでしょう。

食品業界のECサイト事情・業界動向

食品業界のEC市場は非常に規模が大きいといえますが、EC化率は他の分野と比較すると低いという状況があります。その理由としては、生鮮食品とECサイトの相性の問題や、実店舗の利便性の高さなどが考えられます。

このような課題を解決するためには、ECサイトならではの独自性を打ち出すことや、インターネットの利用に慣れていない層も使いやすいECサイトの構築など、さまざまな対策を行うことが必要であるといえるでしょう。

飲食店業界のECサイト事情・業界動向

飲食店業界のEC市場は、「飲食サービス(インターネットを通じた飲食店の予約)」「フードデリバリーサービス」ともに拡大傾向にあります。この点から、ECサービスを導入する店舗が増えてきているとともに、フードデリバリーなどのサービスが生活に浸透してきている傾向があるといえます。

飲食店業界でECサイトの運営を行う場合、扱う食品に応じた許認可の取得や保存形態・パッケージの検討などさまざまな点に注意する必要があります。

関連記事
監修
コマースとCXの
リーディングカンパニー

sponsored byZETA株式会社

ZETA株式会社はEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」をはじめとして、EC利用者の体験を包括したマーケティングの実践をサポートする『ZETA CXシリーズ』の開発・提供に取り組んでいる企業です。アパレル、家具・家電・日用品、BtoB問わず、国内大手ECに多数の導入実績を誇っています。